読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーイズラブゲーム 攻略&レビュー

過去サイトの復刻版(2000年~2009年まで)

レビュー◆俺の下であがけ

タイトル 俺の下であがけ
発売日 2002/11/29
私的ランク ★★★★☆
制作元 アリスブルー
ジャンル 借金背負わせシミュレーション
定価 ¥7800
対応 Windows98/Me/2000 日本語版
年齢制限 18禁
ボイス
緑川光
森川智之
石川英郎
阪口大助
飛田展男
(黒崎壱哉)
(吉岡啓一郎)
(樋口崇文)
(清水新)
(山口幸雄)
攻略 -
内容 若き企業家・黒崎壱哉
新進の消費者金融クロサキファイナンス」も、彼の持ち会社の一つだ。
その新しい支社ビルが建つ場所を知った壱哉は、気まぐれを起こして視察に向かう。
九年振りに訪れた、生まれ故郷の街。
そこで偶然出会ったのは、かつての同級生・樋口崇文、貧乏な勤労少年・清水新、子持ちのやもめ青年・山口幸雄…。
「気に入った。この街に滞在する───」
そして壱哉は、秘書の吉岡啓一郎と共に工作を開始した。
何も知らない三人の身に次々と降りかかる不運。
それは、莫大な借金で彼等を縛り、己の慰み者にしようとする壱哉のワナだった…。

借金背負わせシュミレーションゲーム。

シナリオ :Alice Blue・陣内
原画 スズケン
システム

機能
・テキストのスキップ:あり(既読判別:可)
・読み直し機能:なし
・CG鑑賞モード:あり(55枚)←パーツ替えは含まれません。
・シーン鑑賞モード:あり
・BGM鑑賞モード:あり
セーブポイント:10
・END:14?
感想 かなりおもしろいです。普通におもしろい。
さすがアリスですね。ボーイズではココまで真っ当に面白いゲームってなかったのでは?
ただ、萌えない。萌えがない。おもしろいけど、なぜか萌えない。
おもしろいからいいけど。

原因を検討してみる。
今のところ、カフェリンのちぃに全ての萌えを吸い尽くされたのでは? という意見が一番有力かと(^^;)
でも、本気でそう思えてきます。最初から見限っているゲームでない限り、何かしらに萌えるのになぁ…。

もうひとつの原因として、あまりに笑えるため、そちらに気を取られすぎているとか。
ある意味バカ度は決して嘘ではありませんでした。
壱哉様の工作中のアホっぷりはいいです。というか、工作の内容自体笑えます。思いっきり笑わせていただきました。
口笛を吹いたら海神様を怒らせてしまっただとか、壱哉様の命令で隕石が落ちてきたりだとか。それで起きた被害はなぜかすべて花屋達のせいに。新の「シャコ貝がー、シャコ貝がー」にはかなりやられました。声優さんもお見事。
買い物Lv4では壱哉様自ら怪しげな絵を売りつけに来ますがそのセールストークのぺらぺらぺらぺらに声が吹き込まれているのにもアウト。朗らかな壱哉様は素晴らしいです。
“きのこ”を使うと壱哉様が夢を見ます。
強気な花屋の「だぜ」、大阪弁なキャラ達、秘書の「だにゃん」・「でござる」、サンダー様の恐喝…。
私的一番ヒットは秘書の触角でしょうか。これが一番最初に出ていたので、その分インパクトが~。
きのこはなんで回想に入っていないのでしょう。回想が欲しかった…。
普段の会話イベントにも笑いどころ盛りだくさんでした。パロネタが危険すぎる(笑)
今のところ一番のインパクト、というか今すぐ思いつくのは秘書の『カニ牧場』。
もうダメです。笑い死にます。これの関連ネタってあるのでしょうか? まだコンプしてないし、今回オフィシャル通販じゃないしでわからないのです。
爆発卵もいいかんじですね。

今回、なんだか微妙だったのは秘書H。何が微妙なのか分かりませんが微妙。言い方悪いけど、何かが気色悪い。なんでー? 秘書のキャラは大好きなのになぁ。秘書攻めしか見ていないのですが、秘書受け見れば考えは変わるのかなぁ…?
なんだろう。やっぱりマッチョ(でもないけど)くさいのがアレなのかも? あと、年齢高すぎるのとか。
でも、カフェリンのマスターはまだ平気だったのに…。これも少々微妙でしたが。
私は親父スキーではないようです。30代までがいいなぁ。

本当は花屋を一番先に攻略したかったのですが、初プレイのためコツがつかめずバッドエンド。次に新。これも上に同じ。次の子持ちでようやくペースがつかめてグッドエンドが見られました。
でも、ここでスペシャルカードの効能を見るためにロード繰り返していたので、子持ちのみ回想モードコンプ。こんなハズでは…。
花屋は受けのみグッドを見ました。あと、秘書攻めと。新さんはバッド以外見てません…。
セクハライベントも子持ち以外見ていないし、花屋×新とかも見てないし、過労死EDも見ていないし…。10億CGなんて夢のまた夢ですね。

今、花屋攻めのEDを見ました。ていうか、花屋マッチョすぎ。筋肉隆々ですね。ちょっと萎え。
花屋・新を同時攻略していました。新のCGはちょい微妙だがかわいい。
残るは秘書受けと10億か…。
(2002/12/15)

2/13コンプ終了! 遅…。とにかくこれで他のゲームに取りかかれます。どれにしよう…。
秘書ルートはやはり微妙~。あまりちゃんとシナリオ読まずに進めてしまいました。身体が何だか老人のようにみえるのはなぜ…。

ま、萌えはほぼありませんでしたが、いろんな意味でとても楽しめるゲームだと思います。
あ、でも新攻めのバッドエンドでのHにはちょっと萌えたかも…。このルートや花屋バッドで壱哉様があとでほのかに後悔しそうになっていや違うと思い返してるようなところとか。

ところでアリスさんは読み返し機能を付ける気にはならないのかなぁ。非常に欲しいのですが。
System3.9(だったかな)にもその機能は搭載されているはずなのに…。標準装備にして欲しい。

でもって私は壱哉様の名前をずっと間違えていましたね。気付いて良かった。
(2003/02/15)