読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーイズラブゲーム 攻略&レビュー

過去サイトの復刻版(2000年~2009年まで)

レビュー◆メイド★はじめました~ご主人様のお世話いたします~

タイトル メイド★はじめました~ご主人様のお世話いたします~
発売日 2007/12/28
私的ランク ★★★
制作元 Vivid Color
ジャンル オムニバス形式カップリング固定ADV
定価 ¥6,800(税込¥7,140)
対応 Windows98/Me/2000/XP/Vista
年齢制限 18禁
ボイス
赤木律
東久世瑪瑙
琥珀
東久世翡翠
東久世珊瑚
西久世石榴
北斗遙
東久世水晶
津田圭一
苅野健太郎
山口勝平
(安芸怜須ケン)
宮田幸季
成田剣
(空野太陽)
(沖野靖広)
(氷河流)
(松涛エルサ)
(平井達矢)
黒瀬鷹
声優名一覧は→コチラ
攻略 攻略チャートは→【コチラ】
内容 退屈な夏休みを過ごしていた律。
そこへ突然現れた資産家の東久世次男・瑪瑙に半ば強引に
承諾させられた律は、母の代わりに一週間メイドとして働くことになる。
自分にだけ横柄な態度をとる瑪瑙に、最初は反発していた律。
しかし、メイドの仕事として瑪瑙の部屋に呼ばれ、会話を重ねるごとに
瑪瑙への興味が増していき、次第に魅かれていく~~。

シナリオ :森本あき
原画 タカツキノボル
システム

機能
・テキストのスキップ:あり(既読判別:可)
・読み直し機能:あり
・オートモード:あり(調節:可)
・CG鑑賞モード:あり(62枚)←パーツ替えを含むと112枚
・シーン鑑賞モード:あり(22シーン)
・BGM鑑賞モード:あり(14曲)
セーブポイント:50(クイックセーブあり)
・END:12

・前の選択肢に戻る機能:あり
・キャラ別音声オンオフ:不可
・カーソル自動追尾:なし
レビュー

感想
微妙なゲームでした。
ゲームの基礎部分が良いだけに、どう評価して良いか困ります。
好き嫌いは別として、絵は原画・塗りともに綺麗です。ただし、枚数は少なめというか、省力化というか。
声優さんも、好き嫌いは別として、有名所を使っています。かなり豪華。
システムもほとんどの機能を取りそろえています。
シナリオは有名なBL商業作家さんなのですが…。
どうやって作成しているのかはわかりませんが、ゲーム構成の問題もある気はします。
設定は面白そうだったのに…。もう少しうまく消化することもできたのでは。
ちょっと期待していたんだけどなぁ。買って後悔気味。
メイドはじめました、久々の★3つゲームです。

■シナリオ
誤字脱字が…。
展開の速さが気になりました。もう少し丁寧に心理描写して欲しかったです。
そうでなければ、そんなことどうでもよくなるくらい、もっと突き抜けた展開を…。
レビュー投げ出すようで申し訳ないんですが、正直コメントに困るゲームになってしまいました。
途中すっ飛ばしたせいか、終わってみてろくに感想が残ってない。
キャラ萌えできればまだ違ったのでしょうが、私の琴線には引っかからず…。
素材は良いはずなのに、展開やら何やらで自然と萎えてしまった気がします。

実のところ、常の通り、あらすじはそこまで詳細に確認していませんでした。
始まってみて、…この調子で1週間で本当にくっつくのか?と思っていました。
終わってみて、もう諦観の境地というか…、1週間で間に合わせた感が満載。
心理的な揺れ具合も納得できるような「設定」があるはずなのに、描写にまったく納得いかない。
なんでいきなり…と思いましたよ。ぶっ飛びすぎだ。
この設定で1週間は短かったんじゃないかなぁ。1ヶ月くらいかけて展開させて欲しかった。
(別に1ヶ月30日のシナリオがある必要はないんです。必要なのは経年変化)

実はインストールする時に驚きました。
…あれ? フルボイスなのに、CD1枚で収まるんだ…?
あ、でも花町物語もそうだったよね。インストール後のサイズ比べてみたら、メイドはじめましたの方が大きいくらいだし、大丈夫大丈夫! と、なんだこの不安感…。
予感って的中するもんなんですねー。なんでこんなに短いんだ!
現時点で総プレイ時間9時間です。
ただし、初回の瑪瑙×律のみオートモードフルボイスで4時間半、それ以降、翡翠×琥珀の途中からずっとメッセージ最速化(一応読んでます。スキップはしてません)で計4時間半。
途中までで、オートモードを続ける気力は失せました…。ボイスも途中カット。

かけ合いは楽しかったです。他キャラ視点という形式も。なんか、もう、本当にそれだけ。
あと、伏線くらい綺麗に回収してくれ。ネタばらしを変に後回しにするのもやめてくれ。
使えそうな設定はまだあったはず…。
納得いかない部分はいくらでもありますが、パっと思い出すのが、瑪瑙×律ルートの律。あいさつくらいして帰れ!! 何も思わないのかなぁ…。他キャラもだけど礼儀とか…。

サブシナリオとされる健太郎×圭一ルートが本当に短くて呆然。
エピローグ+α程度です。受けキャラでは圭一が一番まともだったのに…。
恋愛モード・Hシーンが微妙なキャラ多すぎ。もうちょい男前な受けキャラが欲しかったです。
全員うじうじしすぎ。どんだけ乙女なんだ。1人くらいならまだ問題ないんですが…。

大したこと書いてないプレイ日記 → 瑪瑙×律翡翠×琥珀・石榴×珊瑚他


■原画・CG・背景
相変わらず綺麗。
ですが、最初はどことなく違和感でした。…立ち絵が変?
どうもイベントCGと立ち絵のギャップが激しいのが気になったようで。
イベントCGは線が太くアニメ塗り、立ち絵は線が細くややマンガ塗り。
結局この違和感は最後まで晴れませんでした…。
線が細いのには慣れたと思うんですが、立ち絵がなぜか違和感なんです…。
顔の大きさとか立ち方が変なのかなぁ。頭身?

個人的には、花町物語の時の原画・塗りの方が好きでした。
今作の絵は濃くてちょっと苦手。テカテカしてるよ…。

背景はたまに微妙?

CG枚数はやや少なめな印象。前作よりは明らかに少ないです。
しかも62枚中8枚が、800*600ではなく450*600…。
省スペースなサイズに、ちょっと手抜き感を受けてしまいました。実際の手間はわかりませんが。
でも、これだけプレイ時間が短いのに少ない印象受けるっていうのも、考えてみるとすごいですね。


■ボイス・BGM・SE
有名な声優さんが多かったので、比較的聞きやすかったのでは。
キャラ同士のかけ合いはにぎやかで楽しいです。
しかし、受けキャラがたまにうざくなりました。
北斗は秘書のままの方が…。残念なことに、ぶり化してしまいました。

どうやら今作は、かけ合い録音だったらしいです。ゲームではキャラ毎に別録りするのが普通なのでめずらしい。
…効果的だったと言えるようなゲームだったら良かったですね。

BGMはちょっと飽きたかなぁ。
SE…、Hシーンのぬちゃぴちゃ音が微妙すぎる。いらねー。


■システム
環境設定での簡易メニューで、ある程度調整できるのがいいですね。詳細メニューはいつも通り細かく設定できるし。
至れり尽くせり…なんですが、微妙に使いにくいのが悲しい。
バックログ時の右クリックメニュー、一番上を「ゲームに戻る」にして欲しかった…。
その右クリックメニューでの「ここから始める」機能は新しくて良いです。
セーブ数はもう少し多めでも良いかも。
スキップはサクサク進みます。今度は最初から最速化にチェックが入っているんですね。

ゲームシステムは…、選択肢が意味不明なの多すぎ。なのに判定厳しすぎ。
非常に訳の分からない分岐の仕方ですよ。
もう熱意もないので、しばらく途中で放置していました。

■etc
座談会をようやく聴きました。意外と楽しかったです。
しかし、北斗役だけなんであんなにローテンション? ものすっごく投げやりだったんですが。他作でのキャストトークではかなりしゃべっていたような…。
「氷河流」使用時独特のキャラか何かだったりするんでしょうか。
(2008/01/02)