読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーイズラブゲーム 攻略&レビュー

過去サイトの復刻版(2000年~2009年まで)

レビュー◆君の中のパラディアーム

タイトル 君の中のパラディアーム
発売日 2009/10/02
私的ランク ★★★★
制作元 Chat Errant
ジャンル 兄弟近親相姦ファンタジーADV
定価 通常版:¥5,800(税込¥6,090) 豪華版:¥6,800(税込¥7,140))
対応 Windows XP/Vista
年齢制限 18禁
ボイス
天乃空
杉崎和哉
先割れスプーン
一条和矢
青島刃
犬野忠輔
(エール)
(ヴァンヴェール)
(ゼフィール)
(ベルノワール
アンフィニ
(ブランセル
※声優名一覧は→コチラ
攻略 攻略ページは → 【コチラ】
内容 神は少年に世界を選択させる

パラディアームと呼ばれるその世界は、黒き翼の神と白き翼の神が支配する異世界。
かつて一つだった国は神々の決別により、それぞれの民に住み分けられた。
 白き翼の民<フォンテ> 黒き翼の民<リベール>

主人公エールは身寄りがなく孤児院で育ったが、ある事件をきっかけに孤児院から飛び出し、行き倒れていたところを兄だと名る少年ヴァンに助けられる。
ヴァンは生き別れになっている兄弟を集めようとエールに持ちかけ、物語は動き出す。
兄弟たちの出生の秘密に神々の思惑が複雑に絡み合う。
果たして兄弟は無事に再開できるのだろうか…。

シナリオ :神楽坂あお
原画 :ホシザイン
システム

機能
・テキストのスキップ:あり(既読判別:可)
・読み直し機能:あり(音声リプレイ:可)
・CG鑑賞モード:あり(80枚)←パーツ替えを含むと99枚
・シーン鑑賞モード:あり(24シーン)
・BGM鑑賞モード:あり(25曲)
セーブポイント:100
・END:10(バッドENDはかなり似た内容ではあります)

・右クリックリターン:可
・マウススクロール:有効
・用語集:あり
レビュー

感想
非常に楽しかったです。ギャグが秀逸。ここまで笑えるBLゲームは初めて。
テンポの良いかけ合いが大好きです。小ネタ豊富。
ただ、全体的な差分の少なさや、ゼフィールルートのシナリオの薄さ・イベントCGの別人加減がとても残念。このルートのCG、塗りすら違うのはなぜ?
ギャグにハマったとはいえ、諸処に詰めの甘さを感じるため、評価は★4つで。
兄弟愛が見たい方・笑いに飢えてる方にぜひ。
しかし、鬱系や近親相姦目当てだと肩透かしくらう可能性もあり。

ちなみに主人公のエールはすべてのキャラに超愛されてます(色々な意味で)。
エールはかわいいかわいいされまくってますが、意外としっかりしてる良いキャラでした。
プレイ時間はボイスほぼ全部聞いて15~20時間程度。さくさく終わります。


■シナリオ
もともと絵に惹かれて購入決意していましたが、近親相姦モノというのを知って若干腰が引け気味に。
そのため、Cool-BやプレビューブックのSSも読まずに放置状態。
発売日当日、恐る恐るプレイしてみたら、最初の頃のエールは相手をただの兄弟として扱っているし、普通の兄弟愛はむしろ好むところ(いきすぎギリギリのラインが好きです)。
しばらくプレイしていたらギャグ満載のノリで、近親相姦云々が気にならなくなっていました。くどくど悩みすぎてないのも良かったのかも。
とにかく至る所で笑えます。立ちションとかアホで良い。ヴァンヴェールの変態っぷり、エールの容赦ないツッコミもまた良し。
用語集のテキストも地味におもしろいのでオススメ。
ゼフィールルートでのパターン化したギャグ(Hシーンかと思わせるような)はちょっと飽きた。

最初にプレイしたのがゼフィールENDでした。…なぜ恋愛までの過程がないんだ!
ゼフィールが元々弟ラブなのはいいとして、エール側の心理描写の無さにあ然としてしまいました。
全部こうなのかとちょっとゲンナリしましたが、ヴァンヴェール以降はちゃんと納得できる描写があって一安心。でも、なんでゼフィールだけ微妙なのか…。
しかも、ゼフィールルートだけプレイしても謎が残るけど、ヴァンヴェールルートはそれだけで完全に物語完結しちゃう。ゼフィールルートにシナリオ的優位性はないの?
個人的に3PENDはゼフィールルートの一つと見なしています。中身ないもの。

ちなみに一番好きなキャラはブランセルかも。こういう兄弟愛好きなんだ…。
自ら憎まれ役を買って出てるけど、本当は兄弟のためを考えてのことだったというのがツボ。
永遠に誤解されたままかもしれないのが切ない。
ランセルルートも大好きですが、もし完全ブランセル×エールだったら、シナリオ展開に無理が出そうな気がするので、今より興味が薄れてたかも知れません。
…近親相姦モノの何が苦手って、何でお互いに兄弟が恋愛対象になったのかという経過の展開に無理があったり、個人的に納得できなかったりすることが多いからだと思います。あとくどくど悩みすぎるのも苦手。(なので、そもそも相手を近親者と見ていない=禁断の恋とか全く気にしてない場合や、最初からラブラブだった場合は気になりません。そういうものなのね、と)

一番好きなルートはかなり迷う。ベルノワールの黒くてエロい子も良いし、一番気合い入ってたヴァンヴェールも良かったし。…ゼフィール自体は好きなんですよ、ゼフィール自体は。
なお、ブランセルはキャラ萌え・設定萌えが多分に入ってます。どのルートのブランセルも好きだー! ゼフィールルートでの「お兄ちゃんは認めない!」「励むように」には笑った。

シナリオ差分が少ないです。
共通ルートで初めてブランセルに会うシーンがありますが、それより前にブランセルに会っていても、前に会ったことあるような反応が一切無し。
この前の選択でああしたんだから、ここで反応が欲しかったというようなシーンを結構見ました。

あと、Hシーンでのれろじゅる擬音、文字にしなくて良いです…。れろんれろんはマジで吹いた。らめぇの文字にも吹いたけど、声優さん万歳。自然でした。

プレイ日記は↓コチラ 
ゼフィールヴァンヴェールベルノワール・ブランセル・特典CD


■原画・CG・デザイン
原画は非常に好み。しかし、なんだこのイベントCGのバラツキは。
Hシーンでの塗りの違い・顔つきの別人っぷりがひどい。
特にゼフィールルート。Hシーン以外のCGも、背景が描かれておらず効果のみとか…。まとも(他のCGと同質という意味で)な方が少ない。
全部パッケージ裏みたいなCGだと思ったら大間違いだったぜ!
ルノワールルートは綺麗なの多かったなぁ。枚数もベルノワールの方が多いし、色々とゼフィールがかわいそうになってきます。

背景は結構綺麗。ぜひともイベントCGのバックもそれを入れて欲しかったところ。
もちろん背景が描かれているイベントCGもあるのですが、ちょっと効果でごまかしてる枚数が多めかなぁ、と。

イベントCGの差分が少ないです。
この『君の中のパラディアーム』は5,800円でCG80枚とまあまあの枚数ではあるのですが、どうも物足りない感。たぶん差分はもうちょっとあっても良かったんじゃないかなぁ。
ちなみに差分19枚のうち7枚が3PEND用。他のルートはほとんど動きません。

参考までに、詳細データより、定価におけるCG1枚あたりの金額が安いゲーム。
※私のプレイしたゲームのみ
差分無し:1.好きしょ4¥41 2.メサイア¥46 3.好きしょ3¥54 4.SILVER CHAOS¥56
差分含む:1.スクエアな関係¥23 2.絶対服従命令¥24 3.鬼畜眼鏡¥28 4.鬼畜眼鏡R¥29
君の中のパラディアーム…61タイトル中9位¥73(差分含む:52タイトル中29位¥59)
今作の場合、古い作品を除くと、差分含むCG単価が最下位にかなり近いです。
もちろんシナリオ量・演出・ボイス等でコストパフォーマンスは変動しますが…。

そこまで余力がなかったのかもしれませんが、シナリオと立ち絵の細かい齟齬が気になりました。
ピアスの色が変わっているのに元の色のままだとか、Hシーンで裸なのに服着た状態の顔グラとか。

システムデザイン面で、セーブ画面やCG・シーン鑑賞画面に何ページ目かわかる表示が欲しかったです。
できればその数字からも各ページに行きたかった…。結構面倒でした。
ワイド画面は新鮮でおもしろい。起動した時はビビリましたが。

パッケージ等の装丁が非常に凝っていて好印象。
マニュアルの入れ方もかわいい。
豪華版の箱にドラマCDを埋めたくなりました。…これがのせられているということか。
ゲーム自体も気に入ったので、本当に買ってしまうかも。


■ボイス・BGM
事前情報を一切入れていなかったため、カウントダウンボイスでアンフィニの声聞いて驚きました。
ひ、低い…。綺麗め系がくると思ってたから本気でびっくりした。
プレイ中もしばらくは慣れませんでした。
ちょっと予想と違ったゼフィールは、プレイして結構すぐに慣れたんだけど…。
初聞きで一番好みだったのはヴァンヴェール。たぶん声優さん自体が好みの声質なんだろうなぁ。絶対服従命令のアリーもそうだったし。
エールも思いの外良かった。変にショタショタしくなく好印象。主人公は大事。
ランセルはプレイしていて好きになりました。

このゲームはめずらしく、Hシーンでのあえぎが攻め受け同時に再生されます。
インボイスに合わせるように裏で相手があえいでいる感じ。
ドラマCDのような同時収録感があります。
でも、これもまたゼフィールルートが…。なんでエールがエンドレスリピート状態なのか。思わず吹いた。他ルートはちゃんと呼応しているようになってるのに…。

BGMも世界観に合っていて良かった印象。
霜月はるかさんの曲が雰囲気でていて非常に良かったです。カラオケで歌いたい。

システムの問題かも知れませんが、イヤホンでプレイしていて、短いブザーのような音が急に鳴ったり、キュイキュイと小さな音が聞こえることがありました。効果音にしては明らかにおかしい…。


■システム
プレイ自体は快適です。
選択肢でスキップやオートを止めるかどうかなんかも設定できるし。
若干セーブ&ロードとかページ移動がもたつくけど。

…でも、バグだけは勘弁して下さい。
シーン回想モードが埋まらないのは地味に焦ります。
発売日当日にパッチが出てるから何だろうと当ててみたのに、それでもバグがあるなんて思わないですから(あと、サイト上にパッチでどこ修正したのかとVer.を明記して欲しい)。
ゼフィールEND見たのに回想に登録されてない…。回想の登録条件って何ー!?と考えてしまいました。
ヴァンヴェールEND見た後も2ページ目以降スッカラカンで、攻略作れるのだろうかと…。

あと、せっかく用語集があるのに、ゲームプレイ中の右クリックメニューのDictionaryから開けないのはなぜ。
設定画面に「文章から用語集へのリンクを有効にする」って設定があるから、どんなものか楽しみにしてたのに、ゲームプレイ中にそんなリンクなかったし…。
って、今気付きましたが、これはあくまで用語集の中の文章のこと!?
用語集の設定は用語集内に収めてみてはどうでしょう。まぎらわしい…。

(2009/10/05)