読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーイズラブゲーム 攻略&レビュー

過去サイトの復刻版(2000年~2009年まで)

レビュー◆スキャンダラスラプソディー

タイトル スキャンダラスラプソディー
発売日 2001/09/27
私的ランク ★☆
制作元 マリンハート
ジャンル ビジュアルノベル
定価 ¥6800
対応 Windows95/98、MacOS 日本語版
<b>年齢制限 18禁
ボイス なし
攻略 -
内容 彼女に振られ、突然雨にも降られ身も心もびしょ濡れになった主人公由比は、傘を差し出してくれた女の子をナンパした。
成り行きでホテルに行くことになったが、何と彼女は正真正銘の男の子だった。その上彼女(?)は有名女優の息子で、出生にも何やら秘密があるらしい…。
その女装趣味の男の子流那に振り回されながらも、どんどん惹かれていく由比。二人を取り巻くスキャンダルはいったいどんな狂想曲を奏でるのだろうか…。

基本は文章を読んで選択するアドベンチャーゲーム
選択肢により、ストーリーが変化。


シナリオ :SEA
原画 :彩城ゆう
システム

機能
・テキストのスキップ:あり
・読み直し機能:あり
・CG鑑賞モード:あり(54枚)←表情替えなし
・シーン鑑賞モード:あり(Hシーン・EDのみ)
・BGM鑑賞モード:あり(8曲)
セーブポイント:10
・END:6
感想 2ヶ月ぶりにプレイするゲームがこれってどうよ、という感じですがプレイしました。
これならすぐ終わりそうだし。
オフィシャルからアップデートファイルDLしてこようと思ったらNot Foundなんですが。
修正パッチくらいはちゃんと置いておこうよ…。

システムはウィンドウの切り替わりが遅いけど、病棟や好きしょファンディスクに比べたらずっとマシ。
ビジュアルアーツやブルー系のゲームの後だったらいらついていただろうなぁ。
そういえば最近、快適なゲームをプレイしていない気がする…。
しかし、メッセージ自動進行オフにしているのに勝手に進むのはなぜですか?
読み直し機能は使いにくいですが、あり。やけに小さな戻るボタンを押した分だけシナリオが戻ります。元のシナリオには、戻るボタンを押した数だけ進むボタンを押さないと戻れません。途中でエスケープできないのか…。
セーブとロードはわざわざ小さな「環境設定」というボタンを押して、そこからセーブやロードのタブを開かないとできません。ただし、病棟のように時間はかかりません。素早い。
システム画面的にはセンスのカケラも見受けられませんが。…いや、病棟よりはまし。
あと、設定(音量調節他)くらいはプログラム終了後もその状態を保存して置いて欲しい。

絵のヤバさは見事ですね。
主人公とヒロインなど雑誌掲載分はまだ丁寧に描いているのでは?
脇役は完全に顔が傾いてます。
と思ったら、やっぱり主人公もやばかったです。
初めて主人公の顔グラフィックが出ましたが…、何も言うまい。と言う気分になりました。
というか、顔グラ全部同じ顔ですね。目の色と髪型が違うだけのような…。
骨格もめちゃくちゃだなぁ。腕がやけに長いですよ。
指もあり得ない方向に曲がっています。

…うわっ、何この背景!
教室やら部屋やらが…どう表現すればいいのか、エセ3Dのような昔のコンピューターで描いた絵のような、なんかもういかにもCGというかんじな、妙にカラフルな配色と不自然な曲線(輪郭線なし)で描かれています。
もうちょっとなんとかならないのか、これは。写真加工の方がまだマシなのでは…。
ゲームダーリンのクロスレビューに的確な表現が。「初めて3Dツールを使ったかのような」背景…。
あ、関係ないけど犬かわいい。
と思ったら、EDCGでの犬がすんごい下手。見間違えたのか…。

シナリオ。3点リーダを「・・・」と書くのはやめてほしい…。
なんというか、ここまで単純なのはある意味楽ですね。
会話にちぐはぐがあるのが気になりますが。矛盾ではないけど、どうもかみ合ってない…。
視点移動がめちゃくちゃだなぁ。どうやら基本は主人公視点のようなのだけど、いきなり神視点だったり、他キャラの視点に移動したり。
もうちょっと変わったということをはっきりさせてくれ。
途中までまあへたれだけどそこそこマシじゃん? とか思ってましたが、後半の展開が早っ。
商業誌によくあるヘボ小説並…。
親友からの告白かと思いきやいきなり主人公がヒロインに告白、そしてH。もちろん前戯なし。
でも、まあよくある展開と言えなくもない。
思ったよりはマシだったかも…しれない?
(2003/06/13)