読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーイズラブゲーム 攻略&レビュー

過去サイトの復刻版(2000年~2009年まで)

レビュー◆シルバーカオス

タイトル SILVER CHAOS(シルバーカオス)
発売日 2002/07/26
私的ランク ★★☆
制作元 Vivid Color
ジャンル ファンタジー系ビジュアルノベル
定価 ¥6800
対応 Windows98/Me/XP
年齢制限 18禁
ボイス
瀧川大輔
プログレ
浜五郎
宮田幸季
小西克幸
藤木達哉
津久井教生
岩永哲哉
奥山道隆
坂ノ上秀麻呂
紫華薫
(マイト)
(アドニス)
(ロレンス)
(パム)
(ライカ)
(ヘクター)
(クルト)
(ヴェルナー)
(セルゲイ)
(フリッツ)
(ラグシエル)
※声優名一覧は→コチラ
攻略 -
内容  主人公であるマイトと、その幼馴なじみのアドニスは物心つかないうちから孤児院で暮らしており、施設の中で最もレベルの高く、王宮に一番近い場所にある『スラーヴァ訓練所』でそれぞれ剣士、魔術師になるべく訓練を受けている。
 そんなある日、マイトは訓練中に瀕死の怪我を負い、危篤状態となってしまった。
アドニスはマイトを助けるが為、禁忌の魔法を使ってしまう。
マイトが目を覚ましたときには、アドニスの姿はなかった。そして、マイトのアドニスを探す旅が始まる…。


シナリオ :薫織銀夜
原画 タカツキノボル
システム

機能
・テキストのスキップ:あり(既読判別:可)
・読み直し機能:?
・CG鑑賞モード:あり(122枚)
・シーン鑑賞モード:なし
・BGM鑑賞モード:?
セーブポイント:あり
・END:12
感想 ヘヴンが終わったので、只今プレイ中。
修正パッチ当てたので、全くなんの問題も無しに起動。
なので、純粋にゲームの出来をレビューする事ができるかと。
システムダメだとそれにイライラしてすべてが悪く見えてしまいそうだし。
今のところはクソゲーというほどではない…かな??
ちょっと言語感覚おかしいけど。修飾語句が古くさくて華美すぎる。言い回しがくどいか?
と思うロレンスだった。とか、と言うマイトであった。だとか、しつこいというか回りくどい~。
疾風のごとく…ってのもあったけど、なんか仰々しすぎ…。
地の文で長文が多くてわざわざバックログ読まなきゃならないのも面倒かも。
ウィンドウにちゃんと1文を収めて欲しいなぁ。

あと、表情替えのパターンが少ない?
せっかく絵に凝ってるようなのに…。本当に絵はきれい。ちょっと古くさいかなぁと思っていたけど、それほど気になりませんでした。
あ、違う。プログラムか何かの顔指定がおかしいのかも。
ちょっと前にあれ? と思ったセリフに合う表情があとから出てきてるし。
表情とセリフが合ってないのが多すぎるよぅ。
笑みが消えたってあるのに、なんでまだ笑ってるんだよ…。
それかもっと細かく表情替えするとかさ~。そしたらウィンドウ点滅しまくりになるのでしょうか。
この、表示される絵が変わるごとにウィンドウがイチイチ表示し直されるシステムはなんとかして欲しいかも。
まあ、プログラムが変なのだとしても、ちょっと表情替え自体が変ですが。パムのバンザイには違和感。
それと…心の中の声に口パクはいらん。これはちょっと…。

あと、既読判別機能がひどい。
もっと細かく既読未読のフラグを立ててくれ…。ルートが違うだけで中身は全く同じセリフがなんで既読にならないの…? 自力で飛ばすのは疲れます。

ま、意外なことにクソゲーという程クソゲーではありませんでした。
ちょっとクソだけど。この程度なら他のゲームでも一部は見られる物だし…。たぶん。
絵がきれいなのにはびっくりですよ。Lしたいねよりずっと丁寧。
キャラもある程度作りこまれてるし、シナリオが良ければ萌えられたかも。
私はLよりも上の評価をあげたいなぁ。Lは本当に絵がね…。

と思ったけど、選択肢の少なさに唖然。
私のプレイ前半はパムの出てくるルートだったのでまだましだったのですよね。
出てこないルートはそれより1つ選択肢少ないから…。
(2002/09/23)

以下、プレイ中思ったことを書き連ねているだけ。書き換えるのめんどくさいからこのままで良いか…。

城突入前の戦い…あっけなさすぎ。魔王の分身、何もしてないじゃん。
みんなで入浴のシーンもあまりにも付け足しっぽい。展開唐突すぎる。段を踏んでくれ。
このシーンを入れたかったのなら、こんな緊急事態の合間ではなく、道中にしてほしかったなぁ。それな違和感無かったのに。
そんなにあのシーンにラグシエルを入れたかったのでしょうか。

しかし、ラグシエルのクーちゃんはやめてくれ。マジで笑ってしまう。
クルトルート最後、クルトはクルトの手を取ったって…なんじゃそりゃ。
脱出後、いつラグシエルは器から離れたんでしょうか。ずっとつきっぱなしなのだと思っていました。
お前のここは正直だぜ…、このセリフはつらいです。
いきなりライカに対するマイトの気持ちが変わってるのもね。
(2002/09/09)