読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーイズラブゲーム 攻略&レビュー

過去サイトの復刻版(2000年~2009年まで)

レビュー◆STEAL!

タイトル STEAL!
発売日 2009/11/27
私的ランク ★★★★
制作元 Spray
ジャンル ノンストップ学園ボーイズラブAVG
定価 ¥7,800(税込¥8,190)
対応 Windows2000/XP/Vista/7
年齢制限 18禁
ボイス
小林明日叶
藤ヶ谷慧
クラウディオ・T・ロッティ
二階堂亮一
桐生崇征
中川眞鳥
楠本興
上里ヒロ
土屋太陽
魁堂静一郎
グレゴリー・ホーク
(神凪儚)
緑川光
三浦祥朗
前野智昭
神谷浩史
(御勒院鷹磨)
(堀江一眞)
(皇帝)
(笹田貴之)
三宅淳一
佐藤正治
声優名一覧は→コチラ
攻略 攻略チャートは→【コチラ】
内容 『マニュスピカ』――それは世界中の一流怪盗達によって組織される、超怪盗集団。
その候補生たちが集うマニュスピカ育成機関のうちのひとつ・魁堂学園美学行動科に
「トゥルーアイズ」と呼ばれる天性の目を持つ主人公・明日叶は編入する。
だが、配属されたチームグリフは、最強・最凶・協調性ゼロの問題児ばかりが
集まるチームだった。
明日叶は自由奔放なメンバーたちとミッションをともに遂行していく。
しかし、絆が生まれつつあった彼らの前に、ある陰謀と謎が立ちはだかる…。
 
シナリオ 秀香穂里・時野つばき
原画 :赤名芽衣
システム

機能
・テキストのスキップ:あり(既読判別:可)
・読み直し機能:あり(音声リプレイ:可)
・オートモード:あり(調節:可)
・CG鑑賞モード:あり(92枚)←パーツ替えを含むと326枚
・シーン鑑賞モード:あり(82シーン)
・BGM鑑賞モード:あり(29曲)
セーブポイント: 96+1
・END:29

・右クリックリターン:可
・マウススクロール:有効
・キャラ別音声オフ:可(キャラ別音量調節:可)
・セーブ削除&コメント機能:あり
・ボイスコレクション:あり(各キャラ5つまで)
レビュー

感想
システムとデザインが最高です。CGはいつものごとく綺麗。
内容は良くも悪くもSprayかな。キャラは多彩で楽しかったけど、安直・冗長な部分もあり。
最初の頃は音声全部聞こうとしてたので、かなり疲れてしまいました。
最初から冗長な所はさくさく斜め読みすれば良かったなぁ。
好きキャラはあれど、ゲームにハマりきることはできませんでした。
それでも、一定以上のクオリティに★4つ。

ちなみにそれなりに楽しんだし、眞鳥に萌えたので、買って損したとは思いません。
もうちょっと飽きずにプレイできると良かったなぁ。
プレイ時間は40時間弱。3キャラ目の途中まではダラダラとボイス全部聞いて、それ以降は斜め読み多用。
あ、完全総受けが苦手な方には厳しいゲームかも。流され受け。

■シナリオ
学園モノかと思いきや予想以上の斜め上っぷり。
それでもどことなく学園ヘヴンを彷彿とさせるゲームでした。主人公のせい?
ヘヴンより凝ったシナリオではあるんですが…。

日常のかけあいがにぎやかで楽しかったです。
ただ、気分の問題もありますが、どうも気がそれちゃって、途中から斜め読みしまくりでした。
ゲームプレイしていて、こうも飛ばしたのは初めて。いつもは最低限ストーリーにあたる部分のテキストはちゃんと読むので。
だって基本同じ内容だし、長いんだもの…。興味の惹かれるルートはちゃんと読みましたが。

恋愛面が若干唐突な印象。
基本的に相手にせまられて、明日叶がいつの間にか…というパターンなので、急にそれらしくなるのに驚いてしまう。
某ルートでの人が変わったかのように淫乱と化した明日叶には笑った。
男気あふれる明日叶の方が好きかな~。

あと、どちらのライターさんのクセなのか、若干くどくどしく説教くさい面もあり。
斜め読むようになってからは楽に進めることができました。

好きなルートは眞鳥。思いもかけないぶっ飛んだ設定ながら、地に足着いた感のシナリオが好印象。留年て(笑) その後話が見たい。
そして、眞鳥が好きだー! あのふわふわした口調・声と、勝手気ままな三人称が最強すぎる。
さらに何より敬語攻め主従モノ。本来主人側でありながら、明日叶には跪くというのが果てしなくツボ。
ディオも好きかな。第一印象とのギャップがいい感じ。抱き枕シーンが好きです。
あと予想外に興ルートが良かった。あの口調がめんどくさそうで最後に回してしまったのですが。
興ルートが一番人物描写が丁寧だったかも。

キャラ別プレイ日記は↓コチラ(プレイ順) 
ディオ眞鳥・ヒロ亮一桐生太陽・興コンプおまけ・初回特典CD他

■原画・CG・デザイン
システムデザイン・画面デザインが総じて良かったです。ウインドウ枠・システムメニュー・アイコンその他画面もろもろ。
ミッション中のポップアップもそれっぽくておもしろい。
今回は設定画面もわかりやすくて設定がしやすかったので非常に好印象。
しっかり作りこまれた使いやすいインタフェイスでした。

原画はたまに乱れる(というか顔が怖い)ことがあったけど、一定のレベルを保っていたのでは。
裸体に違和感を感じる事があり。
一部のHシーンの構図には笑った。おっぴろげすぎだろう(笑)

CGの仕上がりは相変わらずのハイクオリティ。
ベストENDのCGはどれも幸せそうで好きです。
しかし、イベントCG出るタイミング早い事が多くて…。
まだ脱いでないよーとか、その体勢になってないよーとか。

あと、立ち絵の細かい変化が良かったかも。
文章に目がいくのでそう頻繁には確認できていませんが、セリフの裏側を立ち絵の表情で結構表しているのがおもしろい。
(再プレイ時でないと気付きにくいかもなのがちょっともったいない)

■BGM・音声
主人公が高すぎないのが良かった。喘ぎがたまに高かったのが気になるくらい?
あまり聞いたことのない人もいましたが、全体的に安定していました。
どのキャラにも良く合っているので、違和感がないのが良いです。

BGMは全体的に合ってたかな。
最初、セリフ毎に途切れるBGMがちょっと嫌でしたが、設定いじることで変更できたので問題なし。
効果音はあまり記憶になし。

■システム
文句のつけようがない素晴らしいシステム。
今まで気にしてなかったけど、確かにあると便利だわ!な機能まで。
ただ用意するだけではなく、ストレスなく設定できるのが最高です。

SOUND関連では、キャラ別音量、セリフ再生時のBGM音量、改ページでの音声キャンセル有無等が設定可能。ボイスコレクションもあり。
VISUAL関連では、表示テキストのフォント、カーソル追尾、画面効果、ゲームプログラムにあまりメモリを使わないか等までが設定可能。
さらにバックログの文字の大きさが変更できるのには感動しました。
セーブ画面はサムネイル・日時・シーン名・コメント記入欄とすべてそろっていて完璧。
ホント、至れり尽くせりです。

フラグ管理がかなり細かいようで、既読情報の細かさ・シナリオ差分がものすごいです。
共通シナリオを使用する影響で、(極端な例ですが)以前会った事あるのに初対面の会話だったり、というような矛盾のあるシナリオは結構よくあります。
しかし、今作のSTEAL!では、そのストレスを感じなかったように思います。
(超斜め読みだったので、既読スキップが止まる止まらないの判定での印象ですが…)
これは本当に素晴らしい。

クリア毎にオープンするMEMBER'S FILEやフルコンプおまけが楽しい。
シーン鑑賞モードに登録されるシーン数が多いのも嬉しいところ。
(2009/12/07)