読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーイズラブゲーム 攻略&レビュー

過去サイトの復刻版(2000年~2009年まで)

レビュー◆蒼黒(くろ)の月

タイトル 蒼黒(くろ)の月
発売日 2001/05/18
私的ランク ★★
制作元 Moon Parrot
ジャンル ファンタジー系ビジュアルノベル
定価 ¥5800
対応 Windows95(OSR2)以降/98/NT4.0、MacOS 8.1以上
年齢制限 18禁
ボイス なし
攻略 -
内容 遥かなる昔、大いなる聖戦ののち、世界は二つに別れた。善なる王国と、邪悪たる王国。
そして、悪の王国は遠い地の果て、地の底に追いやられ、世界は善なる王国のもと、何百年もの繁栄の時を迎える。
その王国の名は、白の王国ビアンカ・ハイランディア。聖なる血族の子孫、白の民の美しい国
国王ベネディクト・アル・ランドローディ13世が統治する、平和な国であった。
王国には二人の王子がいた。
兄王子、ローランド24歳。弟王子、アルトロッド18歳。
兄王子は第2王妃オッタビア・マルリッサの子。妾腹の子ゆえ、王位継承権は弟にあった。
しかし、そんなことは二人の不仲を招く理由にはならなかった。
あの日、優しかった兄が豹変するまでは…。
物語は兄ローランドの変貌による王国崩壊から始まる。
傷つき、すべてを失ったアルトロッド。
不思議な力により城から遠く、見知らぬ地へ飛ばされたアルトロッドは、旅の中で自分を取り戻しながら、やがて大いなる秘密へと迫る。
兄はなぜ変わったのか。何が世界に起きているのか。
兄を、王国を、平和を取り戻すため、やがてアルトロッドは城へと向かう。
そこでは何が待ち受けているのか、そして最後には…。

シナリオ :連堂らいき・荒木瑛
原画 :荒木瑛
システム

機能
・テキストのスキップ:あり(既読判別:不可)
・読み直し機能:なし
・CG鑑賞モード:あり(68枚)
・シーン鑑賞モード:なし
・BGM鑑賞モード:なし
セーブポイント:10
・END:6
感想 最初、『蒼黒(くろ)の月』を『蒼黒(あお)の月』と書いていました。恥ずかしい…。

実を言うとあまりこのゲームはやる気ありません。
なぜかというと、いまいち絵に萌えないのです…。
あの下ぶくれはどうも好みじゃない。

音楽はいいと言えばいいし、よくないと言えばよくない。
何だか少ないような気もするのですよね。
全くBGMがかかっていないところが多かったり、同じ曲を延々と流し続けたり。
レスポンスが遅いのは、おそらくうちのノートのせいでしょう。
きっとデスクトップでプレイすれば、普通なのだと思います。

トーリーはまあまあ面白いです。
強姦はいただけませんが…。
というか最初にそれなのに、終わりにはHもないなんてな…。これは少々引っかかります。甘々が欲しかったですよ。
ちなみにこれ、選択肢が非常にシビアです。
1回間違えただけでEDに行けなくなるそうで…。
なぜ伝聞かというと、私は最初から攻略サイトを見ていたのです。
何回もプレイする気がない…。
(2001/09/01)